働き方を変えたいと思ったけれど、在宅ワークは初心者には厳しい

生活関連

こんにちは、とれふるです。

再就活しています。
仕事を辞めた時、働き方を変えたいなぁと思って、いろいろと考えたり、調べたりしました。
田舎に住んでいるので、住んでる地域に求人が少ないし、通勤に時間がかかるのも、もうこりごりだ、と思ったし、これから新しく人間関係の構築するのも面倒くさいな…なんて思ってのことです。
どうせ今就職しても、定年の年齢まで10年とちょっとだし、運良く条件のいい会社に正社員で雇ってもらえたらいいけど、確率的には低い。
だったら、自分の都合で働けて稼げると一番いいのに。
そう思ったんです。
スポンサーリンク

在宅ワークはすぐ仕事が見つかるの?

在宅ワークで仕事がないものかと、クラウドソーシングサイトに登録してみたが、仕事を得るのが難しいと思いました。

クラウドソーシングの仕事は採用確率が低い

採用1人・2人に対し、応募者が3桁はざらにいきます。
その上経験者優遇の条件が多い。
これじゃ、いつまでたっても、未経験者は仕事にありつけない。

クラウドソーシングサイトの報酬単価が安い

ライターは、1記事単価が何百円とかだし、じゃ、まともに生活出来る位稼ぐには何記事書けばいいの?って感じです。
1記事書くのに結構時間がかかるのに、時間単価にしたら10円単位の世界⁈
だったら、普通にパートに出た方が稼げるじゃない…と思ってしまいました。
現に、在宅ワークで、ネット使って仕事して稼げてる人もいますが、これはやっぱり下準備が必要なんですよね。
すぐにどうこう、仕事が決まる、稼げるという訳じゃないです。
やっぱり、外に出て、勤めて稼ぐのが一番早いようです…

まとめ

アラフィフは、稼げる期間にもう先が見えてるので、勤める以外にも収入を得る手段は考えないといけないし、やんなきゃいけない。
投資とかできればいいけど、そんな余裕はないしね。
就職先を探しながら、副収入につながる種まきも少しずつやっていきます。
この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
入浴剤などバスグッズ好き。
生活関連情報やレビューを発信します。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
生活関連 雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント