LUSHバスボム マムピンクを使ってみた

LUSHレビュー

LUSHファン・毎日愛用中のとれふるです。

LUSHのバスボム『マム ピンク』

2017年の母の日限定商品で販売されました。

可愛い形でいいよね~と思っていたら、娘が母の日にプレゼントしてくれました!

嬉しかったです。

日頃の感謝を受け取りました。

マム・ピンクで身体も心も癒されました~。

このバスボム『マム』は色違いでイエローのバージョンもありました。

娘にとって私のイメージカラーはピンクだったんでしょうね。

★バスボム(BATHBOMB)とは、入浴剤のことです。

 

スポンサーリンク

マム ピンク バスボムとは?

香り

柑橘系。

イタリア・シチリア島産レモンオイルとスイートオレンジオイルの爽やかな香り。

『マム』はピンクの他にイエローもあります。

香りは一緒です。

原材料

炭酸水素ナトリウム
クエン酸
香料
レモン果皮油
スイートオレンジ油
ダマスクバラ花油

PG
クチナシ黄
銅クロロフィリンナトリウム
色素

価格

680円/約80g

レビュー

LUSHのバスボムの中でも重量が80gと少なく、早く溶け終わる感じでした。

お湯の色は薄いピンクの単色で、バスボムが溶けていく間に黄色い色もでてきたりするのですが、

バスアートのように水面に色が残らないため、カラフルな模様はちょっと楽しめなかったです。

溶け終わりの頃に、中からメッセージペーパーが出てきます。

メッセージは『MOM』…お母さん(笑)

これがぷかっと浮いてくるのが楽しく、スペシャル感があります。

母の日ギフト用に作られた、楽しい仕掛けです。

すごくLUSHらしい演出です。

柑橘の香りなので、お母さんだけではなく、いろんな方に使っていただける香りです。

★バスボム使用時は、お風呂の追い炊きはしない事をおすすめします。
(風呂釜が痛む可能性があります)

 

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
入浴剤などバスグッズ好き。
生活関連情報やレビューを発信します。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
LUSHレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント