【読了】暮らしを見直したい時におすすめの本

ショッピング・商品レビュー

とれふること鈴木ゆかです。

私自身は何年か前にどーんと自分の持ち物を見直して手放しましたので、かなり少なくなりました。

でも、ちょっと心とお金の余裕が出てくると、購買意欲は出てきて、買うと増えたりしています。

時々見直さなきゃなぁ…(^ω^;)

そう思います。

私の好きなインテリアブロガーさんがいまして、著書を読みました。

瀧本真奈美さんの「自分に心地よい小さな暮らしごと」

ここ数年で著者はかなり変化されました。

飾る収納・100均リメイク雑貨が素敵なブロガーさんでした。

同じ世代の方なので、これからの暮らしのあり方を見直して、シンプルに移行しているそうです。

著書を見ると、以前を知っているとかなりシンプルにされて、えっ?!ってびっくりしちゃうくらいです。

スポンサーリンク

歳を重ねれば、以前と同じように行動できなくなる

やはり歳を取ってくると、掃除やものの管理はしずらくなります。

はっきり言って面倒くさくなります!

ものはどんどん少なくし、何がどこにあるとか、分かりやすくしないとダメになってきます。

そういう風に移行していくのは自然な流れだな、と思います。

こうあるべき、という概念を崩していいと思おう

そもそも、私達世代、結構固定観念に囚われて生き過ぎかも。

  • 良い母親、妻であるべき
  • 家事、育児は女性がやらなければ

なんて概念はもうとっぱらっちゃって、自分がやりやすいように、生きやすいように変えていって良いのですよ。

固定観念は崩していいと思いましょう。

身体がしんどいのに、無理にご飯を作らなくても、テイクアウトでいいんですよ。

手作りしなければならない決まりはそもそもない。

本を読んで、もうちょっと考えを緩くしてもいいな、と思いました。

生活のいろいろがモヤッとしているなら、読んでみるとヒントがあったり、ちょっと視点を変えてみようかな?と思える本だと思います。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント