LUSHバブルバー ユニコーンホーン を使ってみた

LUSHレビュー

ハンドメイドコスメティック・LUSH大好き!とれふるです。

LUSH商品をいろいろ試しています。

LUSHとは、イギリス発祥のコスメティックブランドで、オーガニック素材を原材料とした化粧品・バスグッズなどをハンドメイドで製造・販売しています。

備忘録として購入した商品と個人的な使用感を記録しています。

バブルバー『ユニコーン ホーン』を使って入浴しました!

バブルバーとは、泡風呂の素になる柔らかい石鹸成分の塊です。

お店でよく見かける泡風呂の素は、液体が多いのではないでしょうか?

LUSHでは、固形で製造・販売しています。

泡風呂って楽しいですよね(*’▽’)

思わず泡で遊んだりしながら、ゆっくりお湯に漬かってしまいます。

これがまた、癒されるんですよね。

日本人には泡風呂はあまり馴染みがありませんが、泡風呂にすると、お湯がとても冷めにくくなります。

寒い冬には、泡風呂は特にお勧めしたいです。

もちろん、夏でもOKですが、ぬるめのお湯で泡風呂を楽しめます。

 

スポンサーリンク

ユニコーンホーン バブルバーとは?

ユニコーンホーンは2018年のバレンタイン・ホワイトデーの期間限定商品です。

ネット等で検索してみると、以前のユニコーンホーンと若干形が変わりました。

バブルバーとは、泡風呂の素になる石鹸の塊のことです。

香り

ラベンダーがメインの香り

価格

900円/100g

使用感と感想

半量でも充分に泡立ちました。入浴2回は使えます。

ナイフやカッターで切り分けて使うといいですよ。

お湯の色は薄いピンク。

ラベンダーがメインの香りなので、ラベンダー色に近いような気がします。

ラメ入のバブルバーですが、ラメが細かいので、身体への付着はほぼありません。

商品名にあるように、ユニコーンの角に見立てた形と、虹色のようなコントラストが可愛いバブルバーでした。

泡風呂入浴方法としては、風呂から上がる前に温まるために入ったら、シャワーで身体を流し、石

鹸成分は残さず流した方がいいと思います。

石鹸成分が皮膚に残り、痒みなどが発生すると困りますので。

日本では、湯上り前に湯船で温まる習慣があるので、そのような場合は気を付けて下さいね。

泡風呂はお湯が冷めにくく、冬のバスタイムには特にもってこいのアイテムです。

いつもと違ったアワのお風呂は気分転換になりますよ。

性別問わず、使って頂ける入浴剤です。

★バブルバー使用の際は追い炊きはせず入浴しましょう。風呂釜を傷める可能性があります。

★バブルバー使用後は速やかに排水をおすすめします。ラメ入りですので、バスタブへの付着・色素沈着をさせないように注意しましょう。

余談ですが、バブルバーは泡風呂専用ですが、実はLUSHシャワージェルやLUSHソープも泡風呂として使えます!

 

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
入浴剤などバスグッズ好き。
生活関連情報やレビューを発信します。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
LUSHレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント