LUSHボディローション ワンス アポンア タイムを使ってみた

LUSHレビュー

LUSH大好き(*´꒳`*)゚*.・♡とれふるです。

LUSHとは、イギリス発祥のコスメティックブランドで、農薬不使用の原材料を使って化粧品・バスグッズなどをハンドメイドで製造・販売しています。

LUSHの製品で肌ケアをしてみて、肌トラブルが軽減したので、すっかりファンになり愛用しています。

今回のLUSHレビューは、柑橘系のボディローション『ワンス アポン ア タイム』です。

近くに店舗がないので、通販購入が主になるのですが、商品説明や以前購入した商品の香りの記憶を頼りに購入しています。

ですので、時々イメージと合う時と合わない時があります。

通販という特性上、これは仕方なく、承知した上で購入しています。

 

 

スポンサーリンク

ワンス アポン ア タイム ボディローションとは?



2017年・2018年クリスマス期間限定で発売されたボディローションです。
ネイキッド(容器なし・包装なし)展開の商品のため、クリームタイプの他に固形タイプもありの2展開で販売されました。
クリームタイプはそのまま塗り、固形タイプは手のひらで温めて溶かし、身体に塗る使用法です。

香り

ライム・レモン・グレープフルーツ・リンゴ果汁がミックスされた柑橘系の香り
リンゴの香りが強いのか、少々甘めの香り

価格

1,430円/100g
1,580円/100g(2018年11月現在)

使用感と感想

LUSHの商品説明では、ライムとシチリア産レモン果汁配合を重視して説明していますが、リンゴ果汁の香りが強いのか、香料の香りか、少々甘めで青臭い香りがしました。
柑橘系の爽やかさを期待していましたが、予想と違いました。
通販あるあるになってしまいますが、香りが確認できない所がLUSH通販購入の難点です。
テクスチャーは伸びが良く、身体にとても塗りやすいです。
含有されている果皮油・脂の成分が優しく、ベタつかずにしっとりしてとても良いです。
乾燥やさっぱり系のクリームではかえって痒みが出る肌なのですが、それもなく良好でした。
冬場には柑橘系のボディローションがあまり出ないので、クリスマス期間限定で期待して購入しましたが、香り的には星3つです。
もう少し、リンゴ果汁の含有量を少なくして、柑橘系の爽やかな香りに寄せて欲しかったです。
ネイキッド(固形)タイプも同時発売されましたが、ローションより重量が少し多い115gで同価格。
ネイキッドタイプは、手のひらで温めて溶かしてから塗る、という手間がワンクッションありますが、コスパを選ぶなら、こちらの方ががいいと思いました。

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
入浴剤などバスグッズ好き。
生活関連情報やレビューを発信します。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
LUSHレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント