携帯用救急セットはカードケースに収納して持ち歩く、がおすすめ

生活関連

こんにちは、とれふるです。

頭痛や胃痛持ちなので、市販薬はいつも携帯しています。

ささくれや擦り傷なんかも時々あるので、絆創膏も携帯します。

 

とれふる
とれふる

ポーチに入れておくと、薬のパウチに穴が開いたり

絆創膏がよれよれになっちゃうんだよね~

ポーチは小さいものを準備し、使い勝手はいいんですが、入れたものの破損や劣化がはやいんですよね。

そこで、薬や絆創膏などを携帯するケースを変えてみました。

スポンサーリンク

【旧】携帯用救急セット

今まで使っていたポーチは、自分で作った、端切れの皮革を縫い合わせて、パッチンボタンを付けたものを使用していました。

小銭入れタイプの小物入れです。

皮革は柔らか目のものなので出し入れしやすいんですが、頭痛薬などは外側から荷物に押されて、パウチに穴があいてしまうんです。

絆創膏の包装紙も、入れているだけでくしゃくしゃになってしまいます。

衛生的にも見た目にも良くないので、下記の条件に見合う入れ物を探して交換することにしました。

  • 荷物に押されても影響を受けない素材のもの
  • 錠剤のパウチが入る最低限の厚さのもの
  • 中身が見えた方がいい

 

新しい携帯用救急セットに、カードケースを使ってみた

そこで、目を付けたのが、名刺などを収納するカードケースです。

プラスチック製だと、側面は硬いですし、スケルトンタイプを選ぶと中身が見えます。

厚さは21mmなので、厚すぎず薄すぎず、ちょうどよさそうです。

  • 購入場所 セリア(100円ショップ)
  • 品名  カードケース
  • サイズ 約縦100mm×横56mm×高さ21mm
  • 原料  ポリプロピレン樹脂

【新】携帯用救急セット

今まで持ち歩いていた、旧ケースのものをそのまま入れてみました。

頭痛薬1シート・胃薬2袋・絆創膏大サイズ1枚・絆創膏中サイズ2枚が入りました。

これだけ収納してもゆとりがあります。

一目で見て何がどれだけ入っているか、またカバンの中で他の荷物に押されても平気なので安心です。

まとめ

外出中に薬や絆創膏が必要になり、カバンから取り出すたびに気になっていて、いつも薬のパウチに穴が開いていないかなぁ・・・と気になっていました。

スケルトンのカードケースに収納することにしたことで、清潔感・衛生的に持ち運ぶことができるようになりました。

もっと薄いカードケースを見つけることができれば、もう少し薄さの面でコンパクト化できそうです。

もっと少ない量を持ち歩くから

このケースでも大きいわよ・・・

私が持ち歩いている位の量の薬はいらないよ!という方のために、もう少し小さいケースを探してみようと思っています。

 

 

コメント