【お出かけ】弘前さくらまつり(青森県弘前市)に行ってきたよ

雑記

こんにちは、とれふるです。

2019年のゴールデンウィークは10連休!

私の住んでいる地域は、ゴールデンウィーク直前辺りから桜か満開になります。

満開のピークは過ぎてしまいましたが、弘前公園の桜を見に行ってきました。

スポンサーリンク

弘前さくらまつりは4月20日〜5月6日

https://twitter.com/hirosakipark_jp/status/1117698289472684033?s=21

今年はゴールデンウィークが最大10連休となり、天候も良いという予報なので、来場者は200万人を見込んでいるそうです。

弘前公園の桜は、4月20日頃には開花

今年の桜は天候に恵まれ、さくらまつり開幕と同時に開花となりました。
開幕後に雪が降る程の気温の低下や、暴風雨があり、まつり開幕一週間で外堀の桜は散ってしまいました。
私が弘前公園を訪れた時には、内堀もだんだん散りかけていました。

写真撮影スポットは下乗橋と杉の大橋

弘前城は石垣工事をしていて、城か本丸の奥に移動していて以前よりも遠い位置になってしまっていますが、下乗橋に立ちお城と橋の欄干をバックに記念撮影するにはもってこいのスポットです。

また、中濠観光舟が就航しているので、杉の大橋に立ち、観光舟をバックに記念撮影するのもおすすめです。

「ハートの桜」も撮影人気スポットに

桜の枝が重なった部分がハートのに見える!という事で、ハートの桜が見れる場所も人気撮影スポットになっていました。

場所は二の丸南門をくぐってすぐの所です。

ハートのマークの看板目印がありました。

ハートに見えるように撮影するには、立ち位置と角度が重要です。

桜が散ってしまう前に訪れた方が映える画像が撮れます。

まとめ

ゴールデンウィーク3日目に弘前公園を訪れましたが、桜はかなり散りかけていました。

昔はゴールデンウィークに合うように桜も開花していましたが、どんどん開花時期が早くなり、ゴールデンウィークには、すっかり散っていることが多くなりました。

桜の花を楽しみたいなら、ゴールデンウィークの一週間前に弘前公園を訪れるのをおすすめします。

花より団子!美味しいものを食べたい!!という人は、さくらまつり期間中なら露店で弘前名物をいただけます。

弘前公園のお花見は、日中はかなり暖かく薄着で大丈夫ですが、早朝と夕方から夜は、ジャケットやコートなどの厚着は必須です。

風邪を引かないように、寒さ対策をしてお出かけ下さい。

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
入浴剤などバスグッズ好き。
生活関連情報やレビューを発信します。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント