【お出かけ】鶴ヶ城(福島県会津若松市)へ行ってきました

雑記

こんにちは、とれふるです。

ゴールデンウィークに、鶴ヶ城へ行ってきました。

歴史に疎いので、福島に城跡がある事も知りませんでしたが、見に行って見よう!と誘われたので、2つ返事で行ってみました。

スポンサーリンク

鶴ヶ城はどこにあるの?

福島県会津若松市にある天守閣です。

鶴ヶ城と名のつく天守閣が全国に存在するため、地元以外では別名「会津若松城」とも言われているそうです。

現在の天守閣

当初の天守閣は、1868年の戊辰戦争で天守を含む多くの建造物の傷みが激しく、その後も放置されたまま破却。

1874年には天守をはじめとする建造物は総て解体されたそうです。

現在の天守閣は、1965年に鉄筋コンクリート造により外観復興再建されました。

内部は博物館(若松城天守閣郷土博物館)として公開されています。

若松城天守閣郷土博物館

入場料(個人)

茶室麟閣共通券 510円
大人 410円
小人 150円

天守閣内部が城と歴代統治藩の博物館になっていました

5階建てになっており、徒歩で1階から登って行きます。(エレベーターはありません)

最上階の展望台での見学が終わって、階下に降りて見学が終了となりました。

階下に下りながらの、再度の各階の見学はできないようになっていました。

見学終了し、階下の出口際にはお土産ショップがありました

天守閣を見学し、展望台を見学し階下に降りてくると、出口にお土産ショップのフロアーが広がっていました。

見学と同時に、ご当地のお土産を購入できるので便利でした。

別棟で茶室がありました(茶室麟閣)

入園料

大人(高校生以上)200円

千利休の子・少庵が建てたと言われる茶室です

戊辰戦争後、城下に移築され保存されていましたが、平成2年に元の場所である鶴ヶ城内へ移築復元されました。

お茶を楽しめたり、定期的に茶会が開かれたりしているそうです。

まとめ

鶴ヶ城は初めて訪れました。

天守閣がとても大きくて、迫力がありました。

城の歴史など、予備知識なく突然の訪問・見学だったのですが、城は築城されて時を経たものなのかな?と思うほど立派な建物でした。

見学できるという事で、天守閣内部に入って、あぁ再建されたものなんだ、というのが分かりました。

お城好き・歴史好き・幕府好き・新選組好きな方は、とても楽しめる場所だと思いました。

観光ガイド・ボランティアガイドなどもあるので、じっくり説明を聴きながら見学もできるそうです。

南東北は桜の開花が早いので、ゴールデンウィークに訪れた際は、桜が散って終わってしまっていました。

お城と桜のコラボ風景を楽しみたいなら、ゴールデンウィークを待たずに会津を訪ねた方がいいですね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
入浴剤などバスグッズ好き。
生活関連情報やレビューを発信します。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント