ノートパソコンのキーボードが打ちづらい

日々のつれづれ

ノートパソコンのキーボードが打ちづらくて、PCでやろうと思っていることがなかなか捗らない。

キーボードには種類があります。

キーボードのキーを押して戻る仕組みのことを「キータイプ」といいます。 キータイプには、「メンブレン」「パンタグラフ」「メカニカル」の3種類があり、それぞれ打鍵感などが異なります。

ノートパソコンのキーボードはパンタグラフといって、キーが薄め。

私が慣れ親しんでいるのは、デスクトップのメンブレン。

厚みがある程度あった方が打ちやすい感じがしています。

サプライ用品で、キーボードが別売されているので、買おうかと考えています。

でも、打ちづらさって別のこともあるのか?と思って、調べてみると、キーボードに汚れが付着して、キーが沈みにくくなっているのでは?という事にも行き着きました。

キーボードをたまに拭くことはあるけど〜?と思いながら、エアーダスターがあったので、吹きかけてみました。

あらびっくりΣ( ̄□ ̄)!

エアーダスターをシュッとしただけでも、キーボードの沈み具合・押し具合が良くなりました。

キーボードの種類だけではなく、汚れも原因だったとは… (๑°ㅁ°๑)‼

拭き掃除だけでなく、エアーダスターでも汚れを飛ばしましょう!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

今ならアプリ初回登録でJINSで使えるクーポンがもらえるよ!https://jinsapp-jp.jins.com/MpUv
この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。
特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てが間もなく終わり、親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
日々のつれづれ
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント