地元に戻ろうと思ったけれど

セカンドハウス計画

年度末に派遣の仕事が契約期間満了になったので、環境を変えたいのと娘の就職による引越しのサポートのため、一時仕事を休む事にしました。

決断が鈍った

実家の母が一人暮らしになり、母の暮らしの見守りをしなければと考えています。

兄弟がいますが、地元に戻って母をサポートするには至らないようで。

逆に、地元に一番近い私に、母を頼むと言われてます。

私が夫と不仲で、以前から家を出たい旨を言っていたせいもあるかと思います。

現在、夫は単身赴任、子供達は就職・進学で家を離れていて、私は実質一人暮らし。

ですので、仕事が切れたとか、どこかのタイミングで地元に戻ろうと思っています。

そのタイミングが、ちょうど今なのでは?と思っていたのだけれど、母の様子を見ていると、今ではないのかな?と、私の決断が鈍りました。

母にしてみれば、娘や孫娘が側で暮らしてくれたら安心だ、心強い、と言います。

ですが、娘と一緒に暮らしたい…までは考えていないようで。

その様子がわかったので、決断が鈍ってしまったのです。

しばらく母を見守るための下準備をする期間にしよう

簡単に地元に戻ると言っても、遊んでいられるほどの資産はないので仕事を探さなければならないし、実家へ戻るのではなく、実家近くに自分の居を構えて、母を見守りたいと思っています。

夫も母もあてにせず、経済的自立をして暮らさないと、と思っています。

ほぼ、自分の勝手な暮らし計画なのでね。

そのための資金など、実はほとんど持ち合わせていません。

今は母の元にはせ参じる時期ではなくて、やはり下準備をする時期なのではないか?と思えてきました。

行き当たりばったりや思い付きでの行動は止めて、しっかり計画と目標をたてて、地元に戻る時期に備えようかと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 老い支度・老活へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

とれふるライフ - にほんブログ村

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てはほぼ終了、年老いた親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
セカンドハウス計画
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
とれふるライフ

コメント