LUSHバスボム ぴんくを使ってみた

LUSHレビュー

LUSH大好き、とれふるです。

入浴剤などバスグッズが好きで、LUSH商品をいろいろ試しています。

購入した商品と個人的な使用感を記録しています。

LUSHとは、イギリス発祥の化粧品・バスグッズメーカーで、オーガニックの原材料を使ってハンドメイドで製造・販売しているコスメティック・ブランドの名前でもあります。

今回は『ぴんく』という商品名のバスボムを使って入浴してみました。

バスボムとは、固形の入浴剤の名称です。

LUSHの入浴剤は、球体の形を多く採用し製造しています。

スポンサーリンク

ぴんく バスボム とは?


2017年に販売終了となったバスボム『ぴんく』

ピンクのバスボム本体にお花のモチーフが付いていて可愛いですよね。

このお花のモチーフは、砂糖で出来ているそうです。製造した時によって、色の配色が違うことがありました。

溶けていくと、中にハートモチーフのコンフェッティが入っていて、お湯にハートが舞ってロマンチックでした。

通常のバスボムの重量は、200g位なんですが、ぴんくはちょっと小さめです。

ラベンダーとオレンジの香りにバニラも加わって、甘い香りだけどキツくない、花のようなフローラルのような香りが楽しめました。

ぴんくはシンクピンクというバスボムにリニューアルされて現在販売中です。

香り

ラベンダーとオレンジ、バニラの甘い香りがミックス

価格

520円/90g(廃盤・完売)

使用感と感想

お湯に溶かすと、鮮やかなピンク色。ハートのモチーフ(”コンフェッティ”、と言うそうです)が紙吹雪のようにお湯に舞い、ラブリーなバスボムでした。

バスボムの表面に付いているお花のようなものは、砂糖でできているそうですが、入浴中に溶けきる事なく残っていました。

指で触って溶かそうと思いましたが、お湯に溶けませんでしたし、砕いてちいさくしようと思いましたが、弾力がありすぎて砕けませんでした。

ハートのコンフェッティとお花のようなトッピングは、排水前にすくって取り除く手間が必要です。

排水溝の口が狭い場合は、詰まる恐れがありそうでした。

香りはお花の香りが強かったです。ラベンダーの配合が多いのかもしれませんね。

このバスボムは、お湯に沈むタイプのバスボムでした。

色は淡色のピンクのみなので、色とりどりのバスアートを楽しむ感じではなかったです。

“ぴんく”は“シンクピンク”にリニューアル販売中です。

香りは同じですが、ラメとバスアートが楽しめる仕様になりました。

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。
特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てが間もなく終わり、親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
LUSHレビュー
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント