【体験談】レオパレス21物件に住んでみて、率直な感想

生活関連

こんにちは、とれふるです。

レオパレス21(以下レオパレス)の建物施行不良問題が取りざたされています。

かつて私も関東地方でレオパレス物件を借り住んでいた事があります。

関東圏で賃貸物件を借りるとなると、地方の物件よりも家賃が高いため、かなりの資金を準備しないと借りれませんでした。

それで、借りやすかったレオパレス物件を選んだのです。

自分が住んでみて、あまりいい感じがなかったので、娘が進学で一人暮らしをする際の物件候補に、レオパレスは入れませんでした。

良かった面もあったんですが、悪い面が多かった、という印象ですね。

ではどんな点がダメだったのか?

列記したいと思います。

スポンサーリンク

レオパレス21物件について 住んでみての体験談

レオパレス21物件を借りて良かった点

急に住まいを変えなければいけなくなり、貯金も少なかったので、レオパレス物件で部屋を探しました。

敷金・仲介手数料がゼロで物件が借りれるのは魅力でした。

さらに、トリプルゼロ物件というのもあり、敷金・礼金・仲介手数料がゼロという物件もあるんです。

私はこのトリプルゼロ物件の中から物件を探し、契約しました。

物件を探すと、たくさんの物件があって選びやすかったです。

 

レオパレス21物件を借りて悪かった点

まったくのゼロ円で借りれる訳ではない

トリプルゼロ物件だから、全くお金がかからず入居できるか?と言ったらそうではなく、諸経費がいろいろとかかります。

  • 火災保険料(新入居者あんしん保険プレミアム)
  • 入居者サポート(入居者サポートシステムプラス)
  • 鍵交換代金
  • 環境維持費

この費用はゼロ円にはならず、契約時に支払わなければなりません。

やはり、入居費用として10〜15万円は用意しないと契約出来ません。

全く費用を持たない人は、借りれないという事になります。

 

退出費用が思ったよりかかった

レオパレスの入居費用は、抑えようと思えば抑える事は可能ですが、退去時に請求される費用も結構高額でした。

  • ルームクリーニング代(基本清掃料 1R・1K〜)27,540円〜
  • 家具家電付き物件は、その清掃料3,240円〜
  • 壁やユニットバスなどに傷や汚れがある場合は修繕費として請求される

退去日にレオパレス担当者が立会し、修繕箇所をチェックし、請求見積を作成します。

この修繕費が高額でした。

ホコリ・カビ・ヤニ汚れで、1Rのクロス全面を総張替え、ユニットバスのカビ・ヤニ汚れのクリーニング代を請求され、基本清掃料と合わせて10万円位を請求されました。

退去費用は期日までに振込でした。

トリプルゼロ物件は、退去時にも費用がかかり、散々だなぁ…という気持ちになりました。

 

物件がいまいちだった

私が借りた物件は、1R5畳ロフト付きの物件で、とても狭かったです。

今回の施行不良問題でも言われているように、壁は薄いようで、左右上・斜め上から、テレビの音や話し声は聞こえました。

少しうるさかったりすると、壁を叩かれたりはありましたね。

物件を頻繁に訪問して管理をしておらず、下水管が溢れて汚物が出ている事が多かったです。

私の部屋の外にマンホールがあり、いつも溢れて汚かったです。管理に連絡を何回もしました。

治安もあまり良くなくて、郵便物が荒らされたり、洗濯物が盗まれたり、空き巣被害にも会いました。

管理の悪さ、治安の悪さですっかり印象が悪くなってしまいました。

 

まとめ

入居費用が安く抑えられるレオパレス物件は、引越し費用があまりない人にとっては、借りやすく有難い物件だと言えます。

しかし、部屋の使用状況によって、クリーニングや修繕が必要と判断された場合は、高額な修繕費を請求される場合があります。

それを踏まえて、綺麗に使う事を心がけた方が無難です。

賃貸アパート物件は、レオパレスに限らず、隣りの音が聞こえたり、物音がうるさかったりします。

レオパレス物件は施行不良があったので、これからは改善されていくと思います。

もっと借りやすく、安全・安心が重視されるといいですね。

 

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。
特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てが間もなく終わり、親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
生活関連雑記
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント