LUSHバスボム シンクピンクを使ってみた感想

LUSHレビュー

こんにちは、とれふるです。

ハンドメイドコスメティックのLUSHのファンです。

食べて身体に良いものは肌にも良い、という理念で、新鮮ななオーガニックの原材料を使って、化粧品や入浴剤など、コスメティックを幅広く製造・販売しています。

中でもバスコスメが好きで、バスボムなどを使ってバスタイムを楽しんでいます。

甘い香りの鮮やかなピンクが目を引くバスボム、シンクピンクを使ってみました。

使用感と感想をレポートします。

 

スポンサーリンク

シンクピンク バスボムとは

バニラとトンカビーンズの組み合わせはとびきりスイート。甘い砂糖菓子を彷彿させる香りがバスルームに広がります。心ときめく香りに包まれれば、何もかもが素敵に見えて、毎日が楽しくなりそう。長い間、多くの方に愛されてきたキュートなバスボム『ぴんく』(販売終了)の香りを受け継いでいます。

 

シンクピンク バスボム 香り

ふうせんガムのバブルガムのような甘い香りです。

 

シンクピンク バスボム 価格

830円/200g

 

シンクピンク バスボム 原材料

炭酸水素Na、クエン酸、コーンスターチ、香料、合成フルオロフロゴバイト、ラベンダー油、ジフテリクスオドラタ種子エキス、バニラ果実エキス、ビターオレンジ花油、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、PG、ラウリルペタイン、水、酸化チタン、酸化鉄、酸化スズ、赤202、赤218、赤227、赤504

 

シンクピンク バスボム レビュー

バスボムをお湯に溶かすと、ピンクの中から白・グリーンも溶け出して、水面をくるくる旋回して、鮮やかなバスアートを描きました。

香りは、バブルガムを思い出させる、甘い香りでした。

プラスチックフリーのラメ入りで、お湯がキラキラ光ってきれいでした。

ラメは細かい粒子のものなので、身体にあまり付着せず、気になりませんでした。

保湿効果があり、お湯はとろみがある感じでした。

バスボムの香りが甘いので、夏場よりも冬場に使いたいバスボムです。

ピンクの着色料が濃いので、入浴後は早めに排水し、掃除をした方が良さそうです。

LUSHバスボム使用時は、風呂釜の故障を防ぐ為にも、追い炊き機能は使用しない方がいいです。

お湯を熱くするには、熱湯を追加して下さい。

マーブル模様のバスアートが楽しめた、色も香りも甘いバスタイムでした。

にほんブログ村 美容ブログ 化粧品メーカー・コスメブランドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
入浴剤などバスグッズ好き。
生活関連情報や買い物レビューを発信します。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
LUSHレビュー
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント