古いノートPCを無料で処分してみたよ

雑記

とれふるです。

買い替えて使わなくなったノートPCが処分できずに残っていました。

PCは、有効利用促進法が制定されてから、粗大ごみでの処分ができなくなりました。

データを消去しても、簡単に復帰できると聞きますし、個人情報の流出が心配です。

 

スポンサーリンク

PCリサイクルマークがあるものはメーカーに依頼すれば無料で処分してくれる

 

メーカーによっては、PCリサイクルマークがあるものはメーカーに依頼すれば無料で処分してくれるようです。

PCをよく見て確認してみましょう。

メーカーのホームページに案内があるので、のぞいてみるといいですよ!

 

PCリサイクルマークがなければ有料で処分しなければならない

 

しかし、とれふるのノートPCはリサイクルマークが付いていない、更に古いものでした。

これを処分するとなると、処分料として数千円を支払い、処分しなければいけないことを知りました。

 

捨てるのにお金がかかるのか…

 

お金かけない方法はないの?

 

ということで、調べてみたら無料で回収・処分できました!

 

 

PCを無料回収・処分してくれる業者があった

 

PCを回収・処分してくれる業者は思ったよりもありました。

ほとんどの業者では、回収は宅配便の着払いで回収で無料・処分料も無料です。

 

データ消去の処理方法により有料・無料に分かれる

 

PCのデータは、自分で消去して初期化しても、ちょっと詳しい人ならデータ復帰が可能です。

そこで、業者ではソフトを使って事前にデータ消去してからの提出を呼びかけています。

消去ソフトは無料で配布しています。

 

自分で消去処理をすれば無料ですが、自分でやるのは面倒・ネットに繋げないのでソフトをダウンロードできない、という場合には、消去を業者が代行し、有料で代行してくれるところもあります。

有料の場合は、消去処理の証明書を発行します。





 

データ消去処理証明書を依頼しなければPC処分は完全に無料

 

データ消去処理証明書を必ず発行し、有料としている業者がある一方、データ消去を業者が回収後にやってくれて、証明書の発行は任意、という業者もあります。

データ消去処理証明書は特に必要ない!という場合は、発行しなければPC処分にかかる費用は完全に無料となります。

結局のところ、この「データ消去処理証明書」を発行するか・しないかで有料・無料が決まる仕組みです。

 

まとめ

 

とれふるの処分したノートPCは、Windows XPで、Wi-Fiアンテナが備わっていないものでした。

ネットに繋げてデータ消去ソフトを起動するのももちょっと面倒だな、と思いました。

データは手動で消去し、初期化して、後のデータ消去は、業者が回収後に必ず無料でやっている、というところを選んで回収に出しました。

データ消去処理証明書は特にいらないな、と思ったので、証明書発行が任意であることもチェックし、回収業者を選びました。

よって、ノートPC処分にかかった費用はゼロ円、無料で済ませました。

処分したノートPCはあまり頻繁にネット使用していたものでもなかったので、個人データの流出はそんなに心配ないかな?と思ったのでそうしました。

PCを処分したいけど、どうしよう?と困っているなら、回収業者を一度チェックしてみるといいですよ。

自分の使用状況などを考慮して、処分費用を安く抑えて不用品を捨てましょう!

 

【パソコンダスト】

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログ 50代OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
入浴剤などバスグッズ好き。
生活関連情報や買い物レビューを発信します。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
雑記
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント