父の一周忌法要を冬に執り行って思ったこと

日々のつれづれ

父の一周忌の法要のため実家へ行ってきました。

父の命日は1月中旬。

実家のある地域は、冬は降雪地帯です。

執り行った日は運よく曇り空で雪は降りませんでした。

しかしながら、一週間前位から暴風雪警報が出た程の大量の豪雪で、道幅は狭くなり車がすれ違うのはやっとなくらいでした。

電車も雪害で運休をしたりしていて、実家へ向かう移動日は電車が動くか、心配しながら行動しました。

法要の所要時間は30分

一周忌法要は、お寺にてお経をあげて頂きました。

集まったのは母・弟・私と私の娘と息子の5人で、家族のみでした。

お経をあげて頂いて、30分程で無事終了しました。

母と娘は地元なので移動はなかったですが、弟は関東方面から、私と息子は同県ですが少し離れた所から出向きました。

1月は豪雪のシーズンですし、弟に関しては遠いので無理しなくてもいいよと伝えたのですが、行きたいと言って来てくれましたが、法要の時間があっという間で弟はさぞびっくりした事でしょう。

雪が降る地域は、前倒しでやった方がいい場合も

法要自体は、命日を過ぎなければよく、前倒しで行っても良いんです。

父の命日の1月は、雪が降るのを分かりつつ、命日に近い日に執り行った方がいいな、と思い込んで段取りしていました。

実際、法要の日の前に荒天続きで、電車が止まったりしていたので、実家へ向かえないんじゃないか?と心配してしまいました。

後日母と話した際、法要は雪の降る前にもっと前倒しでやった方が良かったね、という話になりました。

次の三回忌法要は、秋頃にやってしまおうか?という事になりました。

コロナの兼ね合いもあるので、法要をやらないという選択もありかも

コロナ禍の今、法要自体を中止して、やらないという選択をしているご家族もいらっしゃるようです。

人数が集まれば、やはりコロナ蔓延の心配は出てきますし、思い切って法要をやらないというのもありなのかな?とも思いました。

法要をする・しないは、残された家族の見栄や気持の問題かな、と思います。

父は無宗教のため、葬儀や法要は特に望まない人でした。

ただ、私たちがやってあげたくてやっている部分がほとんどで。

いろいろな面から考慮して、今後の法要を考えていきたいな、と思いました。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 老い支度・老活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

とれふるライフ - にほんブログ村

 

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てはほぼ終了、年老いた親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
日々のつれづれ
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
とれふるライフ

コメント