「安いから買う」から「必要だから買う」へ買い物の仕方を変える

生活関連

こんにちは、とれふるです。

買い物に出掛けて、安いものを買おうと買い回りするのが面倒になってきました。

 

とれふる
とれふる

買い物って若い頃は楽しかったんだけどね。

あちこち行くと疲れちゃうようになったわ。

 

とれふる
とれふる

お金を使うことにストレスを感じてきた。

 

買い物動線をシンプルに単純にしようと思います。

 

スポンサーリンク

家族の人数が減ったからこそ、買い物の基準を変えるとき

子育て中で家族の人数がたくさんだったら、少しでも安いものを買って生活費の節約もしないとね、と思います。

子供達が巣立ち始め、人数が減り、家の中のものを片付けてシンプルにし始めたら、買い方の基準も変えていいな、と思い始めました。

 

「安いから買う」から「必要だから買う」へシフトチェンジ

人数が少なくなった世帯の買い物基準は、「安いから」ではなく「必要だから」買う、が適正ですね。

消費人数がいないから、「安いから」と買いだめして、たくさんのストックは持たなくても良くなります。

多少高くても、「必要な時に必要なものを買う」が、結果的に無駄がなく効率的に買い物できる要素になります。

 

必要な物しか買わないから物が増えずに済む

老前整理でものを減らしました。

それなのに、買い方一つで持ち物を増やすのは何か違うと思います。

必要な時に、必要な分を買う。

価格や支出では徳を得られないと思いますが、アラフィフ世代からの買い物は、この買い方にシフトチェンジした方が物が増えずにいいと思います。

 

まとめ

家族が多い時は、安いものを大量に!でしたが、家族が減り始めるアラフィフからは、量より質に買い方の基準を変えましょう。

たくさんのストックはいりません。

急に必要になっても、ドラッグストアは深夜までやってますし、外出できなくても通販やネットストアで利用で翌日には欲しいものか手に入ります。

いっぱいなくても大体は大丈夫です。

考え方を変えていきましょう。

 

 

★読んだよ!でバナークリックをお願いします★

 

 

 

 

コメント