【老前整理】人付き合いでやめてしまったもの

アラフィフからの働き方

こんにちは、とれふるです。

自分の持ち物を生前整理して、シンプルに、ミニマルにしているところです。

持ち物だけにとどまらず、人付き合いでも自分にとっては要らないもの、必要ないな、と思ったものはやめています。

 

スポンサーリンク

気が乗らない付き合い

仕事仲間との、時間外の食事や買い物に付き合う事などは、自分が行きたくなくても仕事を円滑に進めるために必要…と、合わせていた部分がありました。

派遣で仕事をするようになって、人間関係も割り切りました。

仕事上の関係の人は、就業時間を過ぎれば、なしと割り切る。

自分の時間を優先し、気が乗らない誘いは断ることにしました。

 

年賀状を書くこと

毎年出していた年賀状。

年賀状を出していたメンバーは、高校時代のクラスメイト、初めて就職した会社の同僚、親戚でした。

これらの人達は、もう数十年も会うことがなく、年賀状だけのお付き合いになっています。

これまで数十年会わなくても何も起きなかったので、今後も会う機会はないと思いますし、思い切って年賀状はやめました。

 

「相手の気持ちになって」という考え

思えば、自分が思っている事は後回しにして、相手に合わせて来ました。

「相手の気持ちになって考える」というのが世の中でも主流でした。

でも、こちらの意見や気持ちも出さなければ、いいものは生まれません。

自分もストレスが溜まります。

主従関係ではなく、依存する訳でもなくて、自分軸で考えて動く。

これこそ相手の為にもなり、自分の為にもなる最高の形だと思います。

 

まとめ

気が乗らない付き合い・年賀状の送付・相手を尊重し過ぎる事をやめました。

どれも相手がある事なので、それを断つというのは勇気が入りました。

特に職場などでは、ランチや飲み会などの会食を経ると、どことなく会話もスムーズに行き、コミユニケーションは取りやすくなるのです。

その程度で収まればいいですが、やはりある程度で線引きをしないと、いろいろな事を無理に受けなければならなくなります。

大事なのは、他人の事より自分です。

自分を肯定して、自分軸で動いて行きましょう。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。
特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てが間もなく終わり、親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
アラフィフからの働き方アラフィフからの老前整理生活関連
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント