【老前整理】紙モノ類でやめてよかったもの

アラフィフからの老前整理

手紙・雑誌・連絡物など、紙モノ類は日々の中で頻繁に横行しますし、溜まりやすいですね。

子供が学生のうちは、文書での連絡が多くて、紛失もできないし、整理も大変です。

見たら処分、確認したら処分、保管する物は所定の場所へ…と、即その場で処理するように心がけています。

若かった時代と比べると、デジタル化・ペーパーレスが進みました。

手で書かないと覚えられないよ、記憶に残らないよ、と言われますが、私はデジタルをなるべく使って、ペーパーレスにしています。

紙モノ類で、やめてよかったもの・なくても良いものは、こんなものたちです。

 

スポンサーリンク

日記帳・手帳

学生の頃から日記を書き、手帳にはスケジュールを書いて持ち歩くのが好きでした。

日記も手帳も、永久保存なら悩まないのですが、処理したい時に困りました。

どちらも厚さがあり、冊子の解体に手こずりました。

シュレッダーがないと、細かく破って捨てようにも、手が痛くなり大変です。

人目につかないように、燃やして処分したくても、屋内外に火を扱える場所もなかったりします。

処分する時の事を考えて、日記もスケジュールも、スマホアプリで管理する事にしました。

 

年賀状

年賀状は、やり取りする人数が少なく、ただ年賀状を出すだけに留まっている関係の方がほとんどでした。

年賀状の処分も、保存期間を決めて処分していましたが、これも粉砕を手ですると、厚紙のために手が痛くて大変でした。

それほど濃密な関係のやり取りでもないですし、思い切って年賀状を出さないと決めました。

年賀状の購入代金と処分にかける労力を整理しました。

年賀状をなくした代わりに、SNSでの挨拶に切り替えました。

 

新聞・雑誌

新聞と雑誌は、一番の情報源なのですが、1回読むとほぼ役目は終わります。

PC・スマートフォンを持つようになった今、新聞も雑誌もデジタルで読めるようになりました。

この2つも、紙でなくていいなと思ったので処分しました。

紙で読みたくなったら、図書館で閲覧できるので、図書館へ行きます。

どうしても購入したい時は電子書籍を活用します。

紙モノを買うのは、一番最後の手段です。

 

まとめ

老前整理を始めて、現物を持つという事にこだわらなくなりました。

本は本そのものを手に入れなきゃダメとか、日記はノートに書かなきゃダメとか、有形が当たり前と思っていました。

でもこれだけデジタル化で便利になり、ものを持たないようにしたい、と思い出したら、紙モノはなくていいな、と納得できました。

保管場所の確保がいらないですし、整頓する手間もかなり減りました。

紙モノ類を絶対買わない・持たない、という訳ではないです。

現物がなくてもOKの許容範囲を広げる、取捨選択する事で、だいぶ紙モノ類はミニマルにできます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 老い支度・老活へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

とれふるライフ - にほんブログ村

 

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。
特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てが間もなく終わり、親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
アラフィフからの老前整理生活関連
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント