年金っていくら貰える?老後のお金の不安をなくすために今からやるべきこと

アラフィフからの家計運営
 アラフィフからの家計運営、いろいろと考えてしまいますね。
 ・子供の進学費用
 ・自分の老後費用
・何かあった時のための費用
 ・ゆとり生活のための費用…
など、
今負担している費用と今後のための費用がかなりあり、老後の生活は大丈夫だろうか…と不安になってしまいます。
 今現在でもキツキツの家計なのに、貯蓄なんて出来るかな〜?って思いますが、退職してから考え始めても遅いんですよね。
 膨れ上がった家計をスリムにするのは、簡単な事ではありません。
慣れきった生活レベルを落としての生活は、習慣付くには時間がかかります。
 家計の見直しを早めにして、家計費のコストダウンをして、その流れを習慣付けましょう。
アラフィフから始める、老後のための家計運営について考えてみました。
スポンサーリンク

1.年金はいくら貰えるか知ってますか?

国民年金分としての老齢基礎年金の月額支給額の平均は、6万円位。

 会社員で働いた事があり、厚生年金を納めた事がある場合は、これに老齢厚生年金が加算されますが、所得に応じての掛け率のため、それぞれに支給額が変わります。
老齢厚生年金の支給額平均が、月額14万円台。
 私の場合は、会社勤めが比較的短いので、ねんきん定期便のお知らせでは、60歳まで国民年金を納めて平均額は支給されそうですが、フルタイムで定年まで順調に働けたと過程し、厚生年金として納めても、老齢厚生年金の支給額が平均額を割ります。
会社勤めを途中で辞めてしまえば、この額も少し減るのです。
自営業やフリーランスで国民年金基金などに別途加入していない場合は、この分がなくなり、純粋に国民年金を納めた部分しか支給されません。

ねんきん定期便のお知らせや、ホームページで受け取れる学の概算が調べられますので、具体的にいくら位もらえるのか、確認する事をお勧めします。

2.老後資金を貯蓄しよう

年金で貰える額って少ないですよね。

月平均で約6万円位です。
現役でパートやアルバイトで働いた月給よりも少ないです。
一人分の受取額がこれ位で、配偶者と二人分で2倍にしても、ゆとりのない収入ですね。
厚生老齢年金が支給されるなら、月平均22万円が加算されますが、この額が少なかったり支給されない条件下なら、本当にリタイヤ後の生活は困難になります。
老後資金として、貯蓄しておく事がやはり重要となってきますね。
ちょうどアラフィフ世代は、子供の教育費にお金がかかっていて貯金なんてできない!って方も多いと思います。
しかし、少額でもやりくりして貯めていかないと、老後のゆとりは手に入れられません。

家計の見直しを早めにしましょう。

3.ローン完済は早めに!

住宅ローン・マイカーローン・クレジットカードローンなど、何かしらローンを月々支払っている場合が大多数だと思います。

老後になっても支払い続けなければならない程の長期ローンはありませんか?
年金暮らしになっても支払い続けるのは、困難ですし、場合によっては老後破綻になります。
年金暮らしになる前には、是非ともローンは完済しましょう。
ローンを完済する事により、ローン支払分は貯蓄に回せますよね。
家計を見直し、無駄な出費は抑え、少額でも捻出したらローン返済に当て、繰上げ返済して完済しましょう。

4.再雇用で働く事を視野に入れよう

定年まで継続して仕事をしたので、もう働きたくない・ゆっくり休みたい…と考える方もいらっしゃると思います。

自分の趣味や自由時間を謳歌したいと思いますよね。
しかし、年金が支給される年齢が65歳、それ以上に引き上げられるかも…という状況です。
60歳で定年し、65歳までの5年間を収入なく過ごすとしたら?
貯蓄を使う事になりますよね?
5年間で貯蓄を食い潰してしまうのではなく、やはり再雇用などで働き、生活費を稼ぐ・貯蓄を増やすなどの方向で考えましょう。
年齢が上がるにつれ、働きたくても働けない現実がやってきます。
それまでは健康面に問題がないなら現役で働きましょう。

5. まとめ

  • 自分の貰える具体的な年金支給額を調べて把握する
  • ローンは貯蓄と老後の足かせ。早めに完済する
  • 定年退職しても現役を続ける覚悟で

年金を一生懸命納めても、思ったよりも貰えないものですね。

これだけを当てにはしていませんが、やはり貯蓄って大事だなと思います。
それに、働く意欲を保つのも大事ですね。
定年が来たらゆっくりするぞ!と、社畜になり燃え尽きてしまうのも考えものです。
老後って、思ったよりも長い期間になると思います。
子供や孫に迷惑をかけず、自由と楽しい老後を過ごすなら、老後資金はなるべく多く持った方がいいですね。
この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。
特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てが間もなく終わり、親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
アラフィフからの家計運営
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント