カードローンを返済中。早く完済したい。

アラフィフからの家計運営

クレジットカードのツケ払いがかさんで、支払いが大変な事になってきました。

あと10年余で還暦です。

借りたまま仕事の現役を離れ、年金暮らしになれば、月々の支払額が多すぎて、老後破産になりかねない事に気がつき、焦ってきました。

普通なら、子育てが終わり、アラフィフの今から老後資金を貯める時期なのに、借金がある私は、貯めるよりも借金の完済がまず先!

現役で働けているいま、早いうちに完済する!!を目標に、今までの経緯と家計と今後のお金の流れを考えました。

 

スポンサーリンク

クレジットカード払いを多用した訳

夫婦別々の家計管理

既婚ですが、夫婦仲は良くなく、夫は単身赴任していて不在です。

長年住むにつれ、考え方が合わなくなり、話をしても言い争うようになりました。

金銭関係は、結婚当初からしばらくは私が夫婦分の給料を合算し、やりくりしていました。

程なくし、夫が小遣いが少ないと言い出したり、私のやりくりの仕方に口を出すようになり、家計管理が下手くそだと言い始めました。

季節により暖房費など家計に波があるので、足りなくなったりすると、貯蓄から切り崩して補填したりしていましたが、その貯蓄の切り崩し行為を、勝手に使い込んでいる、と言われたため、私も文句を言われるのが嫌になり、それ以降は夫婦別で家計を管理しよう、という事にしました。

夫は保険・車検・税金・子供達の教育費など、高額でまとまった金額が出ていくものを担当し、単身赴任中の自身の生活費も負担しています。

私は居住地で一戸建てでの、私と子供2人、合わせて3人家族の生活費全般と教育費の一部を自分の給料で賄い負担しています。

給与賃金が低く生活費が不足ぎみ

私の就業形態は会社員のフルタイム勤務ですが、残業やボーナスはない契約形態です。

地方の過疎地に居住しているため、賃金は低く、ボーナスが出ない企業が一般的です。

毎月固定額の給料でのやりくりですが、夫と不仲なため、足りない旨の相談も出来ません。

お金が足りない・お金がない、という言葉に強く反応し、怒るのです。

足りなくて相談しても、足りなくするお前が悪いと言うだけで、不足分を仕送りするなどの対応は全然してくれませんでした。

そのため、不足の補填はカードローンにたよることになりました。

転職をした

貯蓄のないまま、都合により退職・転職をしました。

退職前から就職活動をしましたが、早期には決まりませんでした。

自己都合退職のため、失業手当が支給されるまでに3ヵ月保留になりました。

生活費の他、自分の分の社会保険関係と税金の支払いでカードローンにたよることになってしまいました。

足りない部分を補填して、カードローン負債が総額270万円

足りない生活費をカードローンに頼り切ってしまい、転職先が決まる頃には借入できる限度額までに達してしまいました。

借入額を全部計算してみると、5社・総額270万円!

やはり、限度額まで借入れてしまうと、月々の支払いも高額になり、生活が困難になってきました。

もう借金はこれ以上出来ない!!

改めて思った瞬間でした。

同時に、なんでこんなに借入れてしまったのだろう…

今更遅いのに、後悔もしました。

過去にカードローン完済をした事があり、自分に甘く過信していた

過去にもカードローンを利用していて、家計を切り詰め、繰り上げ完済した経験があります。

家計を切り詰めての繰り上げ返済は、凄く大変だったんですよね。

これで懲りればいいのに、私の頑張りで返せるから大丈夫!…と、自分を過信していた所があるのです。

生活していくには、多少の借金は仕方ないでしょ?子供達にもふびんな思いをさせたくないし…と、自分にも子供達にも甘い対応をする部分がありました。

中古マンションが、借金総額と同等の金額で販売されていた事に愕然とした

夫と不仲な私は、子供達が進学や就職で独立したら、私も家を離れて自立して生活しようという目標を立てています。

現在、一戸建ての持家に住んでいて、持家の管理や維持費にお金が結構掛かる事にうんざりし、自分が一人で暮らして行く事になったら、賃貸のこじんまりしたアパートでいいなと考えていました。

しかし、娘の進学で住まいを探した時、中古マンションの売出物件を見る機会かあり、何となく見ていたら、1Rの中古マンションが100万円台、1LDKの中古マンションが200万円台で販売されている事を知りました。

私の借金総額で中古マンションが買えるの?!

マンションなら管理も一戸建てに比べれは軽減されるし、やっぱり、老後は収入が年金しかなくなる訳で、月々支払う固定費はできるだけない方がいいんですよね。

もし借金総額分が、貯蓄額だったら…!

私が犯した借金という失敗がなければ、私名義の不動産が今頃持てたかと思うと、何やってたんだ〜、私!…と、ただただ嘆くしかありません。

がっかりし、同時に愕然としました。

このままにはして置けないな、早々に決着を付けないと!と決意しました。

このままカードローンを抱えたままにしておくと、老後破綻する!

老後、年金をもらって生活していくことになりますが、年金は月平均どれくらいの額が支給されるか知っていますか?

不定期に届く「ねんきん特別便」のお知らせを見ると概算が載っていて、どれくらいの金額が支給されるかが分かります。

私の現時点でのおおよその支給額は、国民年金分約5万円、厚生年金分約15万円となっていました。

あくまでも目安であり、会社勤めを辞めてしまえば厚生年金分の掛金が少なくなり、支給額は下がります。

そして、自営業やフリーランスは厚生年金分の掛金がないので、単純に国民年金分の支給しかありません。

そうなると、年金って月5万円〜6万円しか貰えないんです!!

実際の支給額は、これより少なくなると想定できます。

仮に、月々の返済額が10万円だとしましょう。

この金額からローンを返済し、生活していくとなると、かなり厳しいですよね?

病気になったりして、医療費がかかるようになるかもしれませんし、かなり金銭面で不安になりますよね。

こうなるとローンが払いきれなくなり、老後破綻することになってしまいます。

国民年金分だけの支給なら、もう完全に支払えず破綻です。

高齢と健康面で働けなくなり、日々の生活費が無くて食べるのも困る…ということがないように、やはり今から借金は完済する・貯蓄をする事は必須ですね。

年金に関する事は、国民年金機構のホームページから、自身の支給額の目安を調べることができます。

調べて目安を知っておくことも大事ですよ。

借金額を減らせ!!

5年後に完済、を目標に

借金は持っていても何の得もありません。

月々定額を返済しても、その返済額のほとんどが利息分で、元本の減る率は少ないです。

なるべく追加で繰り上げ返済をし、元本を少なくしていくように心がけます。

とりあえず、これから5年を目処に完済するように、返済をしていきます。

息子が高校を卒業し、家を離れたら、生活費や教育費分で返済の増額もできるでしょうし、とにかく早めの完済を目指します!!

完済するために

現金払いにし、カード払いはやめる

日本政府では、消費税増税に合わせてクレジットカード払いを促進し、推奨する動きがあります。

カード払いにすると、ポイントが付いたり、金額還元があったりするようですが、お金の管理がちゃんとできないので、クレジットカード払いはしない事にします。

お得な面があるのは魅力ですが、手元で現金を管理しないと、やはり負の循環になりそうです。

クレジットカード払いを使うなら、デビットカードを利用して、即時決済にしようと思ってます。

計画を立てて買い物をする

手元に支払える金額がなければ、買わない。

これを一番に重視します。

「お金はないけど、クレジットカードで分割にできるから」

「支払いを遅らせて調整しよう」

この考えは止めます。

お金がないのに買う=手元にあっても自分のものではなく、借物である

欲しいもの・使い道が決まっている物は、お金を貯めて準備してから、計画的に使うべきです。

断捨離してシンプル生活にしましたが、実際、必要な物ってわずかです。

衝動買いするほど欲しいものって、そんなにない事に気が付きました。

足りなければ不用品を売れ・簡単に借金するな

どうしてもお金が足りない!

今、実践しているのが、不用品をフリーマーケットやオークションで売る事です。

あまり高額で取引はしてもらえませんが、現金化ができる手段なので、なるべく出品しています。

ポイントサイトやアンケートサイトにも登録し、ポイントが貯まれば現金や通販サイトなどのポイントに変えます。

微々たる額でも、食品購入や料金支払いに使えます。

クレジットカード払い・キャッシングを使わず、現金化できる手段を考えて行動するようにしています。

まとめ

お金がそんなにないのに、湯水のように使ってしまう性格でしたが、度重なるカードローン借入の失敗で、もう借金は懲り懲りしました。

毎月の返済額が多くなり、支払いがきつくなり、ギリギリまで切り詰めて改善を測っています。

こういった状態が続いていると、お金を使う事に楽しさは全くなくなりました。

使う事に罪悪感を感じてしまい、生活自体が楽しめない状態です。

今後、完済して、クレジットカードは使う事に抵抗ができて、たぶん怖くて使えないと思ってます。

今回、究極の所まで困ってしまい、かなり悩んでしまいました。

解決した訳ではないですが、早く完済するように、物の買い方・お金の使い方を改めていきます。

お金が足りない→夫は助けてくれない、そう決め込んで自分が被ってきた部分は、今後夫に遠慮なく言い、負担してもらいます。

夫名義の家ですしね、私の3倍は稼いでいるはずなので、負担してもらいます。

夫から独立しようと思って、夫に宣言済の妻ですし、今更文句言われようが格好付けても仕方がないですし。

言いたいこと・やって欲しいこと・無理な事はどんどん伝えるべき、と決めました。

人に甘えられない、意見を言えない性格でした。

そこをまず改めます。

自分を自分で変えていく努力をします。

お金を使わない・クレジットカード払いをしないという最低限の事の他に、債務整理も検討をしています。

これを機に、返済経過を報告していこうと思ってます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 老い支度・老活へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

とれふるライフ - にほんブログ村

 

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。
特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てが間もなく終わり、親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
アラフィフからの家計運営生活関連
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント