アラフィフの再就活・選んだ就職先は?

アラフィフからの働き方

こんにちは、とれふるです。

通勤距離の長さ・残業時間が多く、有給休暇も取れにくい・上司との関係が円滑にいかない…という事に不満を感じ、勤め先を退職しました。

最近再就活し、新しい職場で仕事を始めました。

アラフィフの転職・再就職活動は、思っていたよりも厳しかったです。

仕事を見つけるまでにかかった期間は10ヶ月。

ちょっと長すぎました。

最近は早く決めたい・決まりたい!と焦りも出てきていました。

アラフィフの私が選んだ再就職先とはどんな業務形態か、お話したいと思います。

スポンサーリンク

正社員・契約社員の道は厳しかった

求人有効倍率が高いと言われていますが、私の住む地域での求人は全体的に少ない傾向です。

私の希望職種は事務職ですが、事務系になるとさらに求人数が少ないです。

春から夏にかけて、求人が出る傾向にあります。

ようやく出た求人の事務職の正社員を1社、契約社員を2社受けましたが、3社とも不採用でした。

試験形式は
・面接のみ
・書類先行後、通過した人は面接と適性検査

この2つのどちらかの形式でした。

面接までいけたのが2社、書類先行で不可だったのが1社でした。

数社の職場・業種を経験していますし、やってきた自負もあるので、自信を持って、特に緊張する事もなく面接に臨みました。

面接をした2社はどちらも雰囲気もよく会話も弾み、手応えがありましたが、通知結果を受け取ると全て不採用でした。

面接会場で一緒になる人たちを見ると、私より年下が多く、やはり年齢や容姿を基準にされているのかな?と思いました。

年齢は関係ないと思っていますが、企業側としては若ければ若いほど給与は低く抑えられます。

即戦力になる業務経験はあまり必要としなくなっできたのでしょう。

アラフィフの転職・再就職に選んだ就職先は?

業務形態にこだわらなければ人材派遣の仕事があった!

これに尽きます。

離職してかなり時間が経ち、経済面でもきつくなってきたので、何とか就職先を決めたいところでした。

何が何でも正社員じゃなきゃダメ!というこだわりがなければ、契約社員や派遣といった期間限定の働き方があります。

社会保険に加入できれば、手当(ボーナスなど)はなくてもいい、と思い、このパターンでの働き方も検討しました。

ハローワークでの希望条件の求人がないため、人材派遣サイトの求人を検索してみました。

たまたま条件の合う求人があったため、人材派遣会社と連絡を取り、企業訪問し面談をして採用決定になりました。

派遣を選んだ理由と決め手

人材派遣で働こうと決めた、自分なりの選定理由は以下になります。

・業務拘束時間を減らしたい
正社員・契約社員はボーナス・残業などの手当が充実していたが、繁忙によって残業が長くなり拘束される時間が長かった。
家事や家族にかけれる時間・自分の時間が取れなくて、心身が疲れてしまった経験から回避したかった。

・業務内容がはっきり提示されている
仕事の範囲が限定されている、残業は極力しない方針、業務時間外の付き合いなど、はっきり線引きのできる派遣の働き方が、自分には合っている。

・社会保険加入ができる
フルタイムで働きたいので、社会保険関係は加入できる企業・職場を希望した。

・賃金の比較をして前職を下回らない
前職は、給与面で昇給なし・賞与なしの条件形態で働いていたので、賞与支給にはこだわらない。
賃金は前職の日給を時給換算し、それよりも下回らないこと、通勤費支給ありが条件。

これからの10年の働き方を考えた

初めは再就職で正社員登用されて、定年までの10年を務められたらいいな、という希望でした。

賞与・退職金制度がある企業に勤められたら、老後のために貯蓄ができると思いました。

しかし、これから更に年齢を重ねていくのに、企業に拘束される時間が増え、心身がくたくたに疲れ、自分の時間も取れず、頑張っても昇給・昇進がない…という状況もない訳ではなく、それならば自分や家族との時間を犠牲にしてまで何のために働くの?と疑問に思ってしまいました。

ちょうどアラフィフで子育てが一区切りつき、あと10年間、今までと同じ環境で働く?と考えたとき、やっぱり嫌だな、自分主体の働き方に変えなきゃ!と思ったのです。

求人の査定・採用は企業側に選択権がありますが、自分の働く条件はしっかり明確にして、自分から企業や就業形態を選ぶことが大事だと気が付きました。

自分を主体にして、働きやすい環境をこちらから探していくことにしました。

 

まとめ

大都市居住でキャリアがある人でしたら、アラフィフからの転職・再就活でもさほど苦労はないかと思いますが、地方で一般的なキャリアしか積んでこなかった女子は、やはり再就職は困難な状況です。

まして、私の住む地域は求人のも少なく、今回選択した人材派遣会社でも、仕事の依頼が少なく、めったに求人がない地域です。

こんな状況にあり、人材派遣で自分の希望に合う仕事が見つかり、良かったと思っています。

人材派遣での仕事は、依頼した企業側から急に打ち切りなどがあったり、賞与・退職金制度がなかったり、同じ企業で3年以上の勤務ができなかったり、と、就業の安定感には欠けます。

しかし、給与や勤務時間などの労働条件を決め、不足な条件は交渉し、選んだ企業で仕事をするか・しないかの選択ができます。

アラフィフからは自分を優先して、無理をしない働き方を選択していきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

とれふるライフ - にほんブログ村

 

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。
特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てが間もなく終わり、親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
アラフィフからの働き方
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント