人材派遣で働くメリット・デメリット

アラフィフからの働き方

たまたま希望していた条件に合う求人を見つけ、転職先に人材派遣を選びました。

派遣常駐型の仕事は、社会人1年目〜3年目に経験していて、その時は正社員として取引先への派遣でした。

ですが、人材派遣会社に登録しての派遣常駐の仕事は今回が初めてです。

働いてみて感じた・わかったメリット・デメリットがあります。

スポンサーリンク

派遣で働くメリット

自分の就業条件を優先して仕事を探せる

職種・時給単価・勤務地・休日など、自分の希望条件に合った仕事を探すことができます。
気に入った仕事があり、内容・条件の一部に不都合がある場合は、こちらから交渉を依頼する事もできます。
求人先との業務等の交渉は、営業マンがパイプ役となってくれます。
私は、交通費の支給の記載がなかったので、求人先との交渉をお願いし、支給してもらえるようにしました。

仕事を引き受ける・引き受けないの最終選択権は自分にある

仕事をしたいと思った求人先の訪問・面談を営業マンと共にしました。
実際の職場を見学し、業務担当の方や場の雰囲気もそこで分かります。
職場の訪問をした上で、この仕事を引き受けるか、引き受けないか、営業マンに聞かれました。
最終の決断・選択権は、自分(こちら側)にあります。
派遣先の都合、営業マンの都合などで無理に就業させられるという事がないとわかりました。

仕事内容、範囲の線引きが明確である

提示・契約されている業務以外はしなくていいのです。
こちらから気を使って提示外の仕事を引き受ける必要はありません。
派遣されて早々に派遣先の方から、その方の代理で休日にイベント出席を依頼されましたが、丁寧にお断りしました。
気軽に依頼された事でも「業務」に当たるものなら、即答せずに一旦考えます。
業務外の事ですし、どうしてもと依頼された場合は、業務として対価を支払って頂く(休日出勤扱いにしてもらう・時間給を付けてもらう)よう、営業マンに相談します。
派遣での仕事は、企業も派遣される労働者側も、成果と報酬で繋がっている関係です。
仕事かボランティアか、きっちり線引き
ができます。

残業は基本的になし

派遣での仕事は、依頼された業務の成果に対して時給で報酬(給料)が発生します。
契約している1日の労働時間で業務を終わらせるのが前提です。
残業も、企業側からすれば余計な経費になります。
余計な経費は支払いたくないでしょうし、余程の急ぎ、企業側からの残業依頼がない限り、残業はありません。
自分の時間を長く有効に使いたいなら、この働き方はとてもいいです。

勤務以外の付き合いをしなくていい

派遣先の社員の方々とのコミュニケーションはある程度は必要ですが、人間関係を良くするなど必要以上に付き合いをする必要がなく、割り切った付き合いでよいので、気が楽です。
煩わしい人間関係に巻き込まれる事もなく過ごせます。

派遣で働くデメリット

ある程度のスキルがある人として接せられる

オフィスワーク・社会経験が多くある人、何でも知っている人と思われがちです。
デスクワークで必須なWord・Excel・PowerPointは、使いこなせる人として入力を任される事が多く、知らない機能があっても“分からない”が言えない状況になってしまうことが多いです。
ある程度の知識と勉強が必要です。

仕事が打切りになる場合がある

契約期間中に突然仕事が終了してしまうことはめったにないかと思いますが、契約終了とともに派遣先での仕事が突如なくなる可能性は充分にあります。
この部分で、派遣は仕事や給料が安定しないと言われ、人気のない職業形態の所以があります。

昇給、賞与がない

派遣での仕事は時給単価での契約なので、働いた時間分で報酬(給料)が頂けます。
私が登録している派遣会社は、時給月給(1か月分をまとめて次月に支払い)のスタイルです。
賞与の契約も基本的にありませんので、1か月に稼げる金額が決まってしまします。
昇給は自動的ではないので、契約更新時に、自分から時給の賃上げ要求をしない限り、上がっていきません。
臨時収入がない分、月々の家計からゆとり費などを捻出しなければいけない必要があります。

現場で一人作業が多い

派遣先に同じ派遣会社からの社員がいないことが多々あります。
仕事の依頼者である派遣先担当者から直接業務を指示されて働くスタイルになり、現場で一人作業になることが多いです。
分からないこと、ちょっとした相談事などを気軽にできる同社の人がいないと心細いかもしれません。

単独行動が苦手な人には向かない

派遣される人数に限りがあるため、単独または小人数で仕事をする事が大半です。
大人数でワイワイすることが好きなタイプの人には向きません。

まとめ

正社員は給料・賞与が安定していて人生の勝ち組・安定せず賞与もない人材派遣で働くのは負け組、と言われた時代がありました。

今は、正社員雇用でも業績が良くなければ賞与がない企業も多くありますし、残業も多く仕事に拘束される時間が多く、労働環境が良くないという問題も多くなってきました。

正社員は勝ち組、という概念はかなり崩れてきています。

自分を主にして自分を大切にする風潮に変わり、仕事ばかりが人生じゃない・自分の時間を多くして、楽しく有意義に過ごしたいと思う人にはとても合っている働き方スタイルが、人材派遣だと思います。

前職は日給月給・昇給なし・賞与なし・半年契約更新の契約社員として働いていて、残業時間が多く家族との時間・自分の時間が取れない、人間関係も良くなく心身共に疲労困憊してしまいました。

昇給なし・賞与なし…など、同じような労働条件なら、正社員で時間を拘束されて疲れるまで働くより、業務範囲・就業時間がきっちり決まっている人材派遣の方が心も身体も無理なく働ける!と思いました。

働き出して、私には合っている働き方だな、派遣でよかった!と思っています。

どんな就業形態でも、メリット・デメリットはあります。

働き方・形態に疑問を持ったり、もっと自分を大切にした就業スタイルに変えたい!と思ったら、人材派遣という働き方も検討してみて下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

とれふるライフ - にほんブログ村

 

この記事を書いた人
鈴木ゆか(とれふる)

老後を気にしだしたアラフィフ。
ハケンで働くOLです。
シンプルで適量な生活を始めるために、アラフィフから老前整理をして自分の持ち物を減らして身軽に。
心配事や悩み事はアラフィフのうちに解決して、明るく楽しい老後を目指します!
入浴剤などバスグッズ好き。
特にLUSH。
生活関連情報や買い物をレビュー。
子育てが間もなく終わり、親の見守りが始まった50代女性のリアルを発信中。

鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
アラフィフからの働き方
スポンサーリンク
鈴木ゆか(とれふる)をフォローする
スポンサーリンク
とれふるライフ

コメント